NEWS/EVENT

ニュース/イベント

  • SNS

2月19日発酵滋賀 vol.10ヒノブルーイング(Festival Beer)さんです。今回のテーマは、なん……

発酵滋賀 vol.10
ヒノブルーイング(Festival Beer)さんです。

今回のテーマは、なんと‼️
【ビール🍺🍻】です。

いやいや、ここは発酵のページのはず。。。

そうなんです。
ビールももちろん発酵飲料なんです。
日本酒は、なんとなくブクブクと発酵しているタンクをかき混ぜているイメージが浮かんだりもするのですが、ビールに関しては、
銅色の大きなタンクからビールが出来上がって出てきそう、、、というぐらいの想像しかできませんでした。

そもそもビール🍺ってどのようにして出来上がるのでしょう。

原料としては、

●モルト
●ホップ
●酵母
●水

とシンプル。

日常生活において、水ぐらいしかあまり馴染みがありません。

順番に少し詳しく説明します。
まずは、

【モルト】とは?
大麦(麦)と思われている方もおられるかもしれません。
しかし、大麦のままだと発酵ができないんです。
そこで、大麦を発芽させると糖化酵素が生成されることによってようやく発酵が可能になります。
なので、『モルト=大麦麦芽』

【ホップ】とは?
あまり出会った記憶がない植物ですね。

アサ科つる性多年草で雌株の毱花を使います。日本には、近縁種として カラハナソウ(山ホップ)という品種が自生しています。

その花の中に含まれる黄色い粒状を『ルプリン』といいます。

このルプリンが、ビールの苦味や泡立ちや腐敗防止の役割をしています。

【酵母】とは?
パンなどの酵母がまず浮かんだのですが、
ビール酵母というものが存在します。
糖類を食べ、アルコールと炭酸ガスに分解する役割をしています。

・エール酵母(上面発酵母)
発酵期間は短め
15℃ー25℃で発酵
発酵液が上面に浮かぶ

・ラガー酵母(下面発酵母)
発酵期間は長め
5℃ー10℃で発酵
酵母が下面に沈む

それぞれの酵母の中にもいろんな特徴の酵母があり、ビールの個性で使い分けることができます。

【水】とは?
実は、ビールの9割を占めてます。
とても大事な材料の一つです。

硬水(カルシウムやマグネシウムなどミネラル成分が豊富)の場合
→ビールの色が濃くなり、味わい深い

軟水(日本のほとんどは軟水)の場合
→ビールの色が薄くなり、シャープな味わい

ビールになる水以外にも、
大麦を発芽させる時や麦汁を作るとき、洗浄やボイラー用、冷却用など大量の水を使用します。

まずは、ビールの原料について簡単に説明しました。シンプルな材料の組み合わせほど
素材のひとつひとつが生きてきます。

『とりあえず、ビール🍺!』と言う言葉も原料を知るだけでも気持ちが変わってきますね。

今回取材に寄せて頂いたヒノブルーイングさんが新しくクラフトビールを発表されました!
その名も‼️
『ししまいポーター』

https://www.instagram.com/p/CLbTFI8Fuh-/?igshid=3d9p32tbawix

次回まで試飲してお待ちくださいね。
つづく。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
『発酵からつながる滋賀』
ー滋賀県「発酵産業」成長促進化プロジェクト事業ーとしてスタートします!

ホームページも公開しました!

トップページ

こちらのホームページでは、
滋賀県=発酵 を『知る』、『感じる』、『食べる』という学びながらより身近に感じて頂けるようなコンテンツになっています。
滋賀県内の発酵産業事業者の紹介などもありますよ!
これから発酵のようにムクムクと大きく旨み増すサイトになること間違いなしです。

Instagramと連動したFacebookページ
『発酵滋賀』も立ちあがりました!
ぜひチェックしてくださいね!!
https://m.facebook.com/shigahakko

さらに!
Facebookページ
『発酵からつながる滋賀プラットホーム』
https://www.facebook.com/groups/shigahakkou/

も開設しました!
こちらでは、発酵に関する情報など投稿いたします。
興味ある方誰でも『参加』ボタン押して参加してくださいね!

これから益々盛り上がっていくこと間違いなしの『発酵からつながる滋賀』
ご期待ください。

#滋賀 #発酵 #発酵を学ぼう #発酵からつながる滋賀 #発酵食品 #発酵のある暮らし #発酵食 #発酵食品生活 #発酵料理 #発酵おうちごはん #発酵調味料 #発酵料理教室 #発酵ごはん #発酵マイスター #発酵教室 #発酵美 #発酵好きな人と繋がりたい #発酵ライフ #hinobrewing #ヒノブルーイング #クラフトビール #地ビール #festivalbeer #🍺 #ビールの原料 #実は奥深い

2月19日発酵滋賀 vol.10ヒノブルーイング(Festival Beer)さんです。今回のテーマは、なんと️【ビール】です。いやいや、ここは発酵のページのはず。。。そうなんです。ビールももちろん発酵飲料なんです。日本酒は、なんとなくブクブクと発酵しているタンクをかき混ぜているイメージが浮かんだりもするのですが、ビールに関しては、銅色の大きなタンクからビールが出来上がって出てきそう、、、というぐらいの想像しかできませんでした。そもそもビールってどのようにして出来上がるのでしょう。原料としては、●モルト●ホップ●酵母●水とシンプル。日常生活において、水ぐらいしかあまり馴染みがありません。順番に少し詳しく説明します。まずは、【モルト】とは?大麦(麦)と思われている方もおられるかもしれません。しかし、大麦のままだと発酵ができないんです。そこで、大麦を発芽させると糖化酵素が生成されることによってようやく発酵が可能になります。なので、『モルト=大麦麦芽』【ホップ】とは?あまり出会った記憶がない植物ですね。アサ科つる性多年草で雌株の毱花を使います。日本には、近縁種として カラハナソウ(山ホップ)という品種が自生しています。その花の中に含まれる黄色い粒状を『ルプリン』といいます。このルプリンが、ビールの苦味や泡立ちや腐敗防止の役割をしています。【酵母】とは?パンなどの酵母がまず浮かんだのですが、ビール酵母というものが存在します。糖類を食べ、アルコールと炭酸ガスに分解する役割をしています。・エール酵母(上面発酵母)発酵期間は短め15℃ー25℃で発酵発酵液が上面に浮かぶ・ラガー酵母(下面発酵母)発酵期間は長め5℃ー10℃で発酵酵母が下面に沈むそれぞれの酵母の中にもいろんな特徴の酵母があり、ビールの個性で使い分けることができます。【水】とは?実は、ビールの9割を占めてます。とても大事な材料の一つです。硬水(カルシウムやマグネシウムなどミネラル成分が豊富)の場合→ビールの色が濃くなり、味わい深い軟水(日本のほとんどは軟水)の場合→ビールの色が薄くなり、シャープな味わいビールになる水以外にも、大麦を発芽させる時や麦汁を作るとき、洗浄やボイラー用、冷却用など大量の水を使用します。まずは、ビールの原料について簡単に説明しました。シンプルな材料の組み合わせほど素材のひとつひとつが生きてきます。『とりあえず、ビール!』と言う言葉も原料を知るだけでも気持ちが変わってきますね。今回取材に寄せて頂いたヒノブルーイングさんが新しくクラフトビールを発表されました!その名も️『ししまいポーター』https://www.instagram.com/p/CLbTFI8Fuh-/?igshid=3d9p32tbawix次回まで試飲してお待ちくださいね。つづく。ーーーーーーーーーーーーーーーー『発酵からつながる滋賀』ー滋賀県「発酵産業」成長促進化プロジェクト事業ーとしてスタートします!ホームページも公開しました!https://shiga-hakko.jpこちらのホームページでは、滋賀県=発酵 を『知る』、『感じる』、『食べる』という学びながらより身近に感じて頂けるようなコンテンツになっています。滋賀県内の発酵産業事業者の紹介などもありますよ!これから発酵のようにムクムクと大きく旨み増すサイトになること間違いなしです。Instagramと連動したFacebookページ『発酵滋賀』も立ちあがりました!ぜひチェックしてくださいね!!https://m.facebook.com/shigahakkoさらに!Facebookページ『発酵からつながる滋賀プラットホーム』https://www.facebook.com/groups/shigahakkou/も開設しました!こちらでは、発酵に関する情報など投稿いたします。興味ある方誰でも『参加』ボタン押して参加してくださいね!これから益々盛り上がっていくこと間違いなしの『発酵からつながる滋賀』ご期待ください。#滋賀 #発酵 #発酵を学ぼう #発酵からつながる滋賀 #発酵食品 #発酵のある暮らし #発酵食 #発酵食品生活 #発酵料理 #発酵おうちごはん #発酵調味料 #発酵料理教室 #発酵ごはん #発酵マイスター #発酵教室 #発酵美 #発酵好きな人と繋がりたい #発酵ライフ #hinobrewing #ヒノブルーイング #クラフトビール #地ビール #festivalbeer # #ビールの原料 #実は奥深い