NEWS/EVENT

ニュース/イベント

  • SNS

日本酒は、世界中でも珍しいお酒というのを知っていますか?

日本酒は、世界中でも珍しいお酒というのを知っていますか?

何が珍しいかというと、

冷やしても温めても楽しめる温度帯の広さです。

5~10℃ぐらいに冷やした “冷酒”は、「生酒」や「吟醸酒」がオススメ。
すっきりした口当たりで華やかな香りを感じやすくなります。

15~20℃ぐらいの常温は、“冷や“と呼ばれます。
昔、冷蔵庫のない時代に温めて飲む温度帯より低い常温を「冷や(ひや)」と呼んでいたため。
利き酒などはこの温度帯で飲まれることが多く、酒本来の味を感じやすくなります。

30~40℃ぐらいに温めたものは、“お燗(おかん)”と呼ばれます。
温めることでアミノ酸や乳酸などが増え、うま味や酸味などを感じやすくなります。

皆さん馴染みあるお酒と言えば、ビールやワインですが、

ビールの美味しい温度帯は、約5~15℃、ワインの美味しい温度帯は、約6~20℃ と銘柄品種により適温は変わりますが、日本酒ほど幅はありません。

冷やすとスッと入ってきて、温めるとまろやかに同じ日本酒だけど、温度を変えるだけで違う味わいになります。

飲む季節や場所、日本酒のタイプによって少し『温度』というものに気をつかうと今までの日本酒が新たな広がりを魅せてくれるでしょう。

知れば知るほど、奥ゆかしい日本酒。

少しずつ紐解いていきたいと思います。

つづく

#滋賀 #発酵 #発酵を学ぼう #発酵からつながる滋賀 #発酵食品 #発酵のある暮らし #発酵食 #発酵食品生活 #発酵料理 #発酵おうちごはん #発酵調味料 #発酵料理教室 #発酵ごはん #発酵マイスター #発酵教室 #発酵美 #発酵好きな人と繋がりたい #発酵ライフ #発酵滋賀 #日本酒 #日本酒好きな人と繋がりたい #笑四季 #笑四季酒造 #日本酒好き #日本酒女子 #日本酒🍶