NEWS/EVENT

ニュース/イベント

  • SNS

漬物の中で馴染み深いのは、糠(ぬか)漬けではないでしょうか。 昔は多くの家庭でぬか床があり、好きな野菜を漬物にされ……

漬物の中で馴染み深いのは、糠(ぬか)漬けではないでしょうか。 昔は多くの家庭でぬか床があり、好きな野菜を漬物にされていました。 「ぬか漬け」ですが、実際どのようなものか知っていますか?  生の糠や炒った糠を塩、水、昆布や生姜や唐辛子などを入れ、1~3カ月乳酸発酵させると出来上がります。  糠(ぬか)とは、白米になる前の玄米を精米した時にでた表面カスです。 白米はもちろん食べますが、精米時に出た糠は、案外食卓で利用されていません。 しかし、玄米に含まれる栄養素の9割は、玄米表面の糠部分にあります。  糠が発酵することで、植物性乳酸菌をはじめ、カルシウム、たんぱく質、ビタミンB群、ビタミンA、ビタミンE、炭水化物、食物繊維、ミネラル、酵素、鉄分など含みます。  この栄養いっぱいの発酵食品こそ糠漬けです。  身近な糠漬けの漬物を改めて食卓に取り入れてみませんか? 我が家では、日野菜の糠漬けとおらがむら漬け、すぐきを使い、【お漬物サラダ】を作ってみました。 お好みのお漬物で作れるサラダです。 お漬物の食感と酸味・塩味でドレッシングいらずです。 オリーブオイルをかけると一層食べやすくなります。ぜひお試しください。#滋賀 #発酵 #発酵を学ぼう #発酵からつながる滋賀 #発酵食品 #発酵のある暮らし #発酵食 #発酵食品生活 #発酵料理 #発酵おうちごはん #発酵調味料 #発酵料理教室 #発酵ごはん #発酵マイスター #発酵教室 #発酵美 #発酵好きな人と繋がりたい #発酵ライフ #発酵滋賀 #漬物 #つけもの #日野菜 #京つけものニシダや #ニシダや #漬物サラダ #漬物レシピ #日野菜漬け #おらがむら漬け #すぐき